年中行事

母の日のプレゼントに何あげる?何がいい? 通販なら見つかる!

2016年の母の日は5月8日(日)です。もう準備は終わっていますか? まだ決めかねている・・・というのなら、みんながどんなものを贈っているのか、チェックしてみましょう。

母の日 プレゼント 何がいい

母の日のプレゼントに何あげるのか、何がいいのか、やっぱり迷ったらまずは日本最大のショッピングモールをのぞいてみるとアイデアも浮かぶことでしょう!

母の日のプレゼントに何あげる?アンケート結果!

今年の母の日に何を贈るかアンケートを取ってみました♪
定番のものや、えーっ!ソレ!?ってものなど、人それぞれなんですよね(当たり前?)

  • カーネーションのプリザーブドフラワー
  • バラのプリザーブドフラワー
  • カーネーションのフラワーアレンジメント
  • カーネーションの100本花束
  • カーネーションの花束と孫の写真
  • 豪華なカーネーション(動物など形をアレンジしたもの)とスイーツの詰め合わせ
  • プリザーブドフラワーと孫の写真のアルバム
  • カーネーションとストール
  • 鉢花(カーネーション以外)カーネーションが嫌いなので。
  • 鉢のデザインと花など全体的に凝った5,000円以上の高級造花
  • 観葉植物や花の寄せ植え
  • 座椅子とカーネーション
  • コーヒーメーカー
  • 欲しがってた圧力鍋
  • ホテルのお高いチョコレート
  • 豪華な食事を作る
  • ホテルのランチチケット
  • 母の好きな和菓子とサマーニットのセット
  • ちょっとお高い香水
  • 甘過ぎない、美味しい茶菓子
  • 好きなショコラ
  • 美容系クリーム。高めのもの。
  • 洗顔石鹸など化粧品
  • エルメスのスカーフ
  • 自分じゃ買わないようなバッグ
  • フリフリのエプロン
  • 母の好きな練り物(かまぼことか)の詰め合わせセット
  • 黒烏龍茶・バジルシード入りドリンク・亜麻仁油・野菜&フルーツ入りスムージーをまとめて

モノでは無難にお花、カーネーションではなくおかあさんの好きな花、孫の写真を添える、家電系、スイーツ系、美容系、ファッション系がやはり人気ですね。

モノ以外では、ランチとか豪華な食事とか、特別感が出せるような演出を行なうようです。

母の日のプレゼントは何がいい?

といったアンケート結果を踏まえ、では自分は母の日に何を贈ったらいいのか、アイデアは出ましたか?

何よりおかあさんが喜んでくれるもの、喜ばれるものが一番なのですが、なかなか自分の欲しいものを口にしてくれない場合もあります。

さらに、「何もいらない」というおかあさんも多いんじゃないかと思いますが、それでも最低限メッセージとお花だけは渡したいものですね。

日頃の会話から、どんなお花が好きなのか、家の中でお花を飾りたいと思う場所はないかなどを聞き出せていると、その年の母の日は安泰なのですが(笑)

たとえば、ダイエットを意識しているおかあさんに、いくら母の日だからといってコッテコテのスイーツを贈ってしまうと、嬉しいんだか困るんだか、微妙な感じになってしまいます。

そんな場合は、糖質オフのスイーツをチョイスしたり、むしろチアシード入りのドリンクやグリーンスムージーなどを見繕ってあげても喜ばれることでしょう。

あと1ヶ月ありますので、おかあさんが望むモノを全力でリサーチしてみてくださいね!

母の日のプレゼントを通販で準備する!

おかあさんが欲しいものをリサーチしようとしても、離れて住んでいる場合にはなかなかできることではありません。

それでも、たまに電話したりLINEしたりする中で、最近凝っていることや、興味があることなどをうまく聞き出すようにしてみてくださいね。

それらを踏まえた上で、やはり通販が便利です。

去年はこんなに充実してなかったと思うんだけど、今年の楽天の母の日特集はとっても気合いが入っている印象で、探したいモノが分かりやすく探せる工夫が随所にされています。

楽天 母の日ギフト・プレゼント特集2016

たとえば、お花付きのギフトの予算別、お花以外のギフトの予算別、お花のセットギフトもプラスするのがスイーツなのか雑貨なのかなど選べます。

もちろん、お花のギフトは生花、プリザーブドフラワー、花鉢、アレンジメント、花束、形で選ぶなどの選択肢があります。

ランキングに入賞しているものやレビューの評価が高いもの、名入れできるものやオリジナルで作成できるもの、父の日とペアで贈れるものなど、目移りするほどの項目がギッシリ!

まだ間に合う早期特典や早割り、クーポンやポイント10倍など盛りだくさんなので、当てはまるものをチョイスして、ササッとお得に手配しちゃいましょう!

まとめ

自分が渡す側だと、いつもカーネーションでつまんないなー、なんて思いがちですが、実は毎年もらえるカーネーションが楽しみ!というママも多いんですよね。

逆に、お花がなくて豪華なディナーだけだったら、ちょっと寂しくなっちゃうかも。

年に一度、キレイなお花がもらえる日。そう思うと、ちょっと凝ったカーネーションを毎年選んで贈る、というだけでも悪くない気がしてくるもんです♪