UNCOOL IS COOL

にわか京女による京都めぐり・生活のギモン・好きなコトやモノについて語るブログ

東京の日枝神社 山王祭の見どころとご利益&お守り

      2017/02/04


東京都千代田区の日枝神社(ひえじんじゃ)では、毎年6月に例大祭として山王まつりが行われます。神幸祭や稚児行列を中心に、さまざまな行事が行われます。

山王祭は、東京の日枝神社以外の神社でも行われていますので、東京在住ではない方でもその名前だけは聞いたことがある、という人が多いというのもこの祭りの特徴でしょう。

日枝神社 山王祭

東京の山王祭の特徴は、総本山の滋賀県の日枝大社よりも2か月遅い開催で、総本山の山王祭では行われない献灯祭や嘉祥祭、夏越稚児祭が行われる点にあります。

どんな行事をするのかを予習した後で、自分の地元で行なわれている山王祭と比べて違いを見つけてみて下さいね。

スポンサードリンク

日枝神社の山王祭へ行こう!

山王祭の正式名称は「日枝神社大祭」と言い、たくさんの神事がとり行われますが、その多くがこの日枝神社の本社の境内で行われます。和の音楽が聴けるというのもこのお祭りの特徴です。

山王祭は6月7日から17日の10日間行われるお祭りです。見どころとなるお祭りを中心に予定をピックアップすると、次のとおりです。

6月10日
神幸祭
6月11日
夏越稚児祭
6月12・14・15日
神楽奉納
6月13~15日
献灯祭
6月15日
例祭と山王太鼓奉納
6月16日
山王嘉祥祭

江戸時代の頃から始まったこのお祭りは、徳川家康、ひいては江戸の街や徳川家を守る神様として信仰され、京都の祇園祭、大阪の天神祭りと共に日本三大祭りとして江戸時代には有名でした。

日枝神社は、東京メトロ千代田線の溜池山王駅から徒歩10分ほどの所にあります。境内は都会のビルに包まれるように広がり、エスカレーターまであります。

(ちなみに、溜池山王駅は東京駅から東京メトロ丸の内線に乗って日比谷駅で乗り換えるとたどり着くことができます。)


山王祭の見どころ

山王祭のみどころはたくさんありますが、あえて絞るなら神幸祭と夏越稚児祭、神楽奉納であると言えるでしょう。


神幸祭

神幸祭は山王まつりで最も賑やかな儀礼で、法皇の飾りのついた神輿が2基、宮神輿1基、山車3基が王朝装束を着た神主や巫女、氏子によって担がれ、東京の街中を練り歩きます。

参加者は総勢500人、長さ300mに上ることもあり、現代の東京がまるで1000年前の京の都のような景色へと変わります。

過去に行われた神幸祭の記録によると、朝7時45分に日枝神社を出発した行列は、国立劇場、東京駅、日本橋日枝神社、京橋三丁目、銀座四丁目、新橋一丁目を経て日枝神社に帰ってきています。

これらの地域は、いま東京でも最も盛んに観光客が訪れているエリアですので、時間さえ合えばショッピングを楽しみながらでも、東京の街中で神輿と王朝装束の行列を偶然見ることもできますね。

絶対見たいという方は、前述のポイントで待ちかまえていましょう。

神幸祭 6月10日 7:45~17:00

夏越稚児祭

夏越稚児祭は、可愛らしいお稚児さん行列を見ることができます。

稚児行列とは子供の健やかな成長を神様に感謝し、ご報告するために装束に着替え、身も心も清々しく御祓い(おはらい)を受けるために行われる儀式です。

いわば、七五三行事と同じような意味を持ちます。

参加するのは3歳から6歳までの子供達で、装束姿の写真まで撮影します。夏越稚児祭は本社で行われますので、見たい場合は時間に合わせて行ってみてください。

夏越稚児祭 6月11日 13:00~14:00

神楽奉納

この神楽を奉納するのは、日枝神社の素晴らしい舞い人ばかりです。

他のお祭りで見られる神輿巡行もお祭り初心者の方には良い思い出になるのですが、個人の意見としては、美しい装束を着て神様のために優雅に舞うその姿は、神輿よりも記憶に残る一場面となりました。

神楽奉納
6月12日 10:00~16:00
6月14日 18:00~20:00
6月15日 18:00~20:00
スポンサードリンク

東京の日枝神社のご利益とは?

東京の日枝神社の御祭神は、オオヤマクヒノカミというという神様で、広く土地の神であると言われています。

山や水を司り、大地を支配して農作物の成長とそこから根付いた産業(生業)を守る神様であるため、安産、商売繁盛、社運隆昌、安産が転じて縁結びにも御利益があります。


日枝神社のお守りでは、今年の干支でもある可愛いお猿さんをモチーフにした「まさる守(400円・500円)」「ござる守(500円)」「こざるステッカー(400円)」が人気です。

また、「子授守(1,000円)」「子授矢(3,000円)」「葵麗鏡(きれいきょう)(2,000円)」「子育守(1,200円)」といった、飾りとしても可愛いものも充実しています。

さらに、仕事運・金運・健康運・恋愛運それぞれに違う石が用意されているパワーストーンのブレスレット「幸玉守(小 4,500円、大 5,000円)」も販売されていますので、ぜひ一通りのぞいてみては?

スポンサードリンク

まとめ

山王祭は日本各地で行われているお祭りのひとつで、今回は東京の日枝神社のものを取り上げました。

しかし、知らない山王祭はたくさんあることと思います。この東京の山王祭をきっかけに、余暇を利用して日本中の山王祭めぐりの旅行をしてみるというのも、楽しいかも知れませんね。

スポンサードリンク

 - イベント ,

  関連記事

夏フェス 女子
夏フェスの持ち物 女子の服装やメイクの必携品はコレ!

待ちに待った夏フェスがやってきた! これがないと夏が始まらない! そんな声も聞こ …

足利フラワーパークのイルミネーションはいつから?
足利フラワーパークのイルミネーションはいつから?時間と混雑状況

あしかがフラワーパークは、関東一のイルミネーションスポットとして知られる植物園で …

博多どんたく パレード 日程
博多どんたくパレードの日程 ルートとおすすめの場所

さて、博多どんたくがどんな祭りなのか、一通り分かったところで、いちばんのメインど …

夏コミ 対策
夏コミ対策グッズリスト! 熱中症と雨と服装編

日本国内で開催される展示即売会イベントとしては最大級のイベントである、コミックマ …

天神祭 楽しみ方
天神祭の楽しみ方と見どころ それぞれの場所の最寄り駅は?

大阪天満宮の天神祭は、1000年以上の歴史があるお祭りです。天神祭は浪花繁栄のシ …

ドラクエツアー チケット
ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー ショーのチケットや日程

2016年はドラクエ30周年ということで、USJのアトラクションになるとか、あち …

博多どんたく
博多どんたくってどんな祭り? 出し物と見どころ「どんたく~ん」

カピバラさん好きな私が、福岡限定「どんたく~ん」シリーズ(カピバラさんとなまけも …

奈良 燈花会
奈良燈花会の駐車場や屋台事情とおすすめスポット

一万を超えるロウソクに彩られた「なら燈花会(とうかえ)」は、毎年お盆の前半時期に …

神田祭 見どころ
神田祭の見どころ 神輿の宮入や見物ポイントをチェック!

神田祭は、江戸時代から続く江戸三大祭りのひとつで、大黒様、恵比寿様、将門様をお祭 …

秋田 竿燈まつり
秋田 竿燈まつりの楽しみ方と駐車場&観覧席の詳細情報

秋田の夏まつりの中でも東北三大まつりの一つとして必ず取り上げられるのが、竿燈まつ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA