UNCOOL IS COOL

にわか京女による京都めぐり・生活のギモン・好きなコトやモノについて語るブログ

隅田川花火大会は場所取りのコツを得て隅田公園か汐入公園へ行け!

      2017/07/28


東京都の墨田区と台東区の間を流れる隅田川では、毎年夏に日本でも最大級の打ち上げ数を誇る一大花火大会が開催されます。それが隅田川花火大会です。

毎年多くの地元の方や各地から訪れた観光客で、大変な賑わいを見せています。

隅田川花火大会 場所取り コツ

近年は東京スカイツリーの開業もあり、日本を代表する2つの観光が同じ場所でできるこの隅田川花火大会は、ますます人気があがっています。

人気が高まりすぎて大勢の人が押し寄せており、なかなか良い場所での花火鑑賞は難しい状態ですので、ちょっとした場所取りのコツを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

隅田川花火大会での場所取りのコツ

毎年多くの来場者で賑わうこの隅田川花火大会は、その来場者の多さゆえに、なかなか落ち着いて鑑賞することが難しい側面があります。

かなり大勢の人が歩いているので、立ち止まって花火をじっくり鑑賞することが難しいと言うわけです。

なので、花火大会の当日に電車を使って浅草の駅で降り、散策しながら良い眺めのいい場所をとろうと思っても、きわめて難しいものがあります。

良い場所取りのコツとしては、もちろんなるべく早い時間に会場を訪れることが一番単純で確実な方法ですが、この場合でも気をつけることがあります。

それは、どんな花火をどの角度で見るかということです。花火にも色々な種類があり、打ち上げられる場所もさまざまです。

そのため、まずは見たい花火を決めます。その上で、自分の狙いの花火がどこから打ちあがるかを、事前に調べることも重要なんですよね。

たとえば、水中を彩る金魚花火などが見たいのなら、コツとしては川辺に近い場所取りが有効ですし、打ち上げ花火をメインに考えるなら、仰角45度で見える位置が見ていて疲れない場所なのです。

特に好みがないなら、単純に人が少なめな汐入公園を目指すのがいいと思いますよ。


隅田川花火大会の場所取り 隅田公園の場合

花火大会のメイン会場の一つでもある隅田公園の場所取りには、多くの方が相当苦労しています。前日やそれ以前から場所取りをする方がいますが、あまりにも早い場所とりは禁止されていますので注意しましょう。

花火大会の当日になると、隅田公園は特に人気があることから、既に大勢の方が場所取りを終えていますので、まとまった広い場所を取ることは非常に難しいです。

それでも、2人程度ならばシートとシートに隙間がある場合もありますので、並びかた次第では鑑賞は可能です。あきらめずにチャレンジしてみるのも手ですよ。

座って鑑賞がしたい場合は付近の他の公園を廻る方法がありますし、隅田公園を歩きつつ場所を少しずつずらして行きながら眺めるほうが、色々な場所から打ちあがる花火をストレスなく見られますのでお勧めです。

スポンサードリンク

隅田川花火大会の場所取り 汐入公園の場合

隅田川花火大会はとにかく打ち上げ数が多く、打ち上げ場所も広範囲にわたっています。そのため、隅田公園などといったメイン会場以外にも周辺に散らばる公園などにおいて、十分に花火を鑑賞できる場所が多く見られますよ。

なので、少し探せば場所取りに苦労することもありません。もちろん、駅から離れると人の数も減りますので場所取りはカンタンになりますが、その分見える花火の大きさも小さくなってしまいます。

小さく見える花火もそれなりに風情のあるものですが、やはり豪快な音と鮮やかな発色が花火の醍醐味です。そこで、おすすめな場所が汐入公園です。

汐入公園は、南千住駅から600メートルほどの距離にある公園です。ラクに歩いていけますし、隅田川に程近く絶好の鑑賞ポイントです。

また割とキレイなトイレもありますので、浴衣を着ていてもイヤな思いをすることもないですよ。

スポンサードリンク

まとめ

東京都の隅田川沿いで開催される隅田川花火大会は、日本最大級の花火大会といわれるだけあって、その打ち上げ数の多さも目を見張るものがありますが、新作花火や創作花火を打ち上げることでも知られています。

2017年は7月29日(土)に開催予定ですので、それまでに雑誌などを購入するか立ち読みをして、そういった新作情報をある程度前もって得ておくことも、通なポイントとなりますよ(*^-^)


スポンサードリンク

 - 花火大会

  関連記事

市川市民納涼花火大会
市川市民納涼花火大会の打ち上げ場所と場所取り時間 行徳がオススメ!

市川市民納涼花火大会は、江戸川区花火大会と合同という形で、例年8月の第1土曜日に …

市川市民納涼花火大会 観覧
市川市民納涼花火大会の観覧場所~有料観覧席や観覧スポット

市川市民納涼花火大会は江戸川河川敷で行われる大きな花火大会で、打ち上げ数は1万発 …

横浜開港祭 花火 見所
横浜開港祭花火の見所 よく見える場所と場所取りのおすすめマップ

6月2日に横浜港が開港されたことを記念する横浜開港祭は、観客動員数約70万人の大 …

東京湾花火大会 見物 スポット
東京湾花火大会の見物スポット お台場観覧と写真撮影はココ!

隅田川の花火大会と並び、東京都内で開かれる花火大会としては最大規模である東京湾花 …

調布 花火大会 見える場所
調布花火大会が見える場所はどこ? 場所取り時間と口コミ

2016年8月21日(土)は調布で花火大会が行われます。30年以上もの間に渡って …

熱海海上花火大会 冬
熱海海上花火大会 冬の日程と場所 <大人デートに最適!>

熱海海上花火大会は、春夏秋冬と年に数回が開催されていますが、私のお薦めはなんとい …

大濠公園 花火大会
大濠公園花火大会 2015年は安い有料席vs無料スポット どっちにする?

毎年8月1日に福岡市の大濠公園で開催されている西日本新聞社&おおほりまつり振興会 …

東京湾花火大会
東京湾花火大会in豊海運動公園の場所取り お台場海浜公園と晴海会場も

東京の夏の一大イベント東京湾花火大会。 ここでは、東京湾の海上で花火を打ち上げる …

淀川花火 梅田会場
淀川花火 梅田会場の場所とスムーズな行き方 屋台だけ楽しむのもアリ?

大阪の夏の風物詩「なにわ淀川花火大会」は、平成元年より続けられており、大阪市街か …

神奈川新聞花火大会 遠くから見える場所
神奈川新聞花火大会が遠くから見える場所は? 混雑状況と口コミ

今年は第30回記念ということもあり、尺玉の連打などスケールアップした演出が予定さ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA