UNCOOL IS COOL

にわか京女による京都めぐり・生活のギモン・好きなコトやモノについて語るブログ

東京湾花火大会in豊海運動公園の場所取り お台場海浜公園と晴海会場も

      2015/04/29

東京の夏の一大イベント東京湾花火大会。

ここでは、東京湾の海上で花火を打ち上げるため、東京の他の花火大会では打ち上げ不可能な尺玉を見ることができることから、花火ファンには欠かせない夏のお楽しみです。

東京湾花火大会

そんな東京湾花火大会の場所取りの人気スポットである豊海運動公園・お台場海浜公園・晴海会場のちょっとした注意点について、カンタンにまとめてみました。

スポンサードリンク

東京湾花火大会 豊海運動公園で場所取り

毎年のことですが、東京湾花火大会をいいポジションで見るためには、場所取り合戦に参加せざるを得ません。場所取りをするのにも知識は必要ですので、豊海運動公園の知識を頭に入れておきましょう。

豊海運動公園は基本的に、前日の朝10時から当日の朝10時までは立ち入り禁止となります。つまり、夜のうちからの場所取りや徹夜はできません。

しかし、これもいつ変更されるか分かりませんし、場所取り合戦参戦の前には、必ず豊海運動公園の立ち入り規制について、中央区の公式サイトで確認しておくことです。

晴海地区の次に打ち上げ場所に近いので、地元の方々に人気の公式観覧場所となっています。収容人数は8,000人くらいと多いものの、過信は禁物。視界のチェックは立ち入り規制前に済ませておくべきですよ。

立ち入り規制が解禁された後も、警備員さんはしっかりと見回っていますので、シートを敷いていてもそこに人が居ない場所だと容赦なく撤去されてしまいます。

必ず交代の人と連絡を取り、誰かは必ず見張り番としてその場所にいる状態にしておきましょう。


東京湾花火大会 お台場海浜公園で場所取り

東京湾花火大会を良い場所で見るには、お台場海浜公園エリアもおすすめです。

花火は首都高速11号台場線の奥の東京湾で打ち上げられるため、場所取りはその方角が良く見え、潮風を感じながらステキな夜景と花火を見ることができます。

特に花火が真正面に上がるデックス東京ビーチ前が最高の場所です。

しかし、そこは比較的花火で有名な場所なので、お昼を過ぎると多くの人でいっぱいになるため、午前中の早い時間に場所取りしなくちゃいけません。。

スポンサードリンク

デックス東京ビーチは商業施設なので、花火のためのお弁当販売やディナーなども提供されます。花火を見ながら食事をするのも良い方法ですよね。

カップルだったら、パレットタウンも良い選択です。ここには大観覧車があるため、タイミングよく頂上付近で花火をみるのもオツなものです。

家族で見たい場合は、潮風公園がいいでしょう。広い規模の公園なので、芝生の上でゆっくりと花火をみることができますよ。

お台場海浜公園エリアで見る東京湾花火大会は、夜景と花火を一緒に見ることができるベストスポットでもあるため、早めに場所取りをしてゆっくりと観賞したいものです。


東京湾花火大会 晴海会場で場所取り

晴海会場は第1と第2に分けられていて、打ち上げ場所にも近く、風がなければ打ち上げられた花火がより鮮やかに見られる会場として人気のポイントです。

第1・第2会場ともに、地元の中央区民や中央区に勤務する人などを対象とした抽選制になっており、さらに中央区在住の住民には、第1会場の入場券が別途配布されます。

第2会場は第1会場のすぐ後方で、同じく打ち上げ場所の正面ではありますが、観覧場所としては若干の距離を感じるでしょう。

アクセスは都営大江戸線の勝どき・月島の両駅から徒歩20分ほどですが、会場までの道にはコンビニをはじめ各種の出店もあるので、飲食に関しては比較的良好な会場と言えます。

ただし交通のアクセスも良い人気の花火大会とあって、例年場所取りの混乱がひどく、午前中から多くの人たちが場所取りする姿が見受けられるほどです。

時間に余裕を持って、少なくともお昼頃には現地へ行っておきたいところですので、暇つぶしグッズをたくさん持って出かけましょう。


まとめ

東京湾花火大会は夏の風物詩として、毎年多くの人で賑わいます。人混みは好きじゃないけど、やっぱりあの花火は圧巻なので、音もニオイも感じるために、なるべく近くへ行きたいんですよね。

東京湾花火大会を観覧する場所としては、打ち上げ場所の正面となる晴海会場をはじめ、お台場など周辺の各地域もおすすめです。

スポンサードリンク

晴海地区とほぼ同じ大きさで花火を見ることができる豊海運動公園は大人気の場所ですが、何とか場所取りを成功させて、東京湾花火大会を思い切り楽しみましょう。

スポンサードリンク

 - 花火大会

  関連記事

調布 花火大会 見える場所
調布花火大会が見える場所はどこ? 場所取り時間と口コミ

2016年8月21日(土)は調布で花火大会が行われます。30年以上もの間に渡って …

大濠公園 花火大会
大濠公園花火大会 2015年は安い有料席vs無料スポット どっちにする?

毎年8月1日に福岡市の大濠公園で開催されている西日本新聞社&おおほりまつり振興会 …

横浜開港祭 花火 見所
横浜開港祭花火の見所 よく見える場所と場所取りのおすすめマップ

6月2日に横浜港が開港されたことを記念する横浜開港祭は、観客動員数約70万人の大 …

江戸川区花火大会
江戸川区花火大会の観覧場所 有料観覧席 vs 無料観覧スポット

江戸川区花火大会は、市川納涼花火大会と協賛ということで毎年8月の頭の土曜日に開催 …

市川市民納涼花火大会
市川市民納涼花火大会の打ち上げ場所と場所取り時間 行徳がオススメ!

市川市民納涼花火大会は、江戸川区花火大会と合同という形で、例年8月の第1土曜日に …

隅田川花火大会 スポット
隅田川花火大会の穴場スポット 浅草・お台場・新宿から見る!?

隅田川花火大会は、隅田川河川敷で毎年7月の最終土曜日に行われています。8月に行わ …

土浦 花火大会 時間
土浦花火大会の詳細時間と打ち上げ場所&観覧場所の穴場

日本三大花火(秋田の大曲、新潟の長岡)の一つであり、三大競技大会(秋田の大曲、三 …

淀川花火 梅田会場
淀川花火 梅田会場の場所とスムーズな行き方 屋台だけ楽しむのもアリ?

大阪の夏の風物詩「なにわ淀川花火大会」は、平成元年より続けられており、大阪市街か …

隅田川花火大会 場所取り コツ
隅田川花火大会は場所取りのコツを得て隅田公園か汐入公園へ行け!

東京都の墨田区と台東区の間を流れる隅田川では、毎年夏に日本でも最大級の打ち上げ数 …

熱海海上花火大会 冬
熱海海上花火大会 冬の日程と場所 <大人デートに最適!>

熱海海上花火大会は、春夏秋冬と年に数回が開催されていますが、私のお薦めはなんとい …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA