UNCOOL IS COOL

にわか京女による京都めぐり・生活のギモン・好きなコトやモノについて語るブログ

インフルエンザの予防接種したのに感染? 家庭内予防とマスクについて

   


朝晩の寒暖差が大きいと、風邪をひく方が続出します。軽めの風邪ならまだしも、インフルエンザだけは阻止したいところですよね! できれば予防接種を積極的に受けましょう。

インフルエンザ 家庭内 感染 予防

しかし、「予防接種したのにインフルエンザに感染した」という話もありますし、家庭内感染を防ぐためには他にも気をつけなければいけないことがあります。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種したのに感染する!?

インフルエンザの予防接種というのは、あくまでも特定のウイルスに対して有効なものです。インフルエンザには流行の型があり、事前に予防接種したワクチンでは効き目がないこともあるわけです。

そのため、新種のウイルスなどが出てきてしまうと、はっきりといえば予防接種をしていても感染する確率はゼロではないと言うことなのです。

インフルエンザの予防接種を受けると、65歳以上の高齢者を例に取れば、約45%の発症を抑えることができます。そして、約80%の死亡を阻止することができるそうです。

この数値を見ても、インフルエンザ予防接種が感染に100%有効だというわけではないことがよくわかります。では、どのような方法で感染を予防すればいいのでしょうか?


インフルエンザの家庭内感染を予防するには

インフルエンザの予防接種では、100%の感染予防ができないことがわかりました。それでは、家庭内で感染を予防するには、どのような点に気をつければいいのでしょうか?

感染経路には、「飛沫感染」と「接触感染」の2つがあります。

飛沫感染は、くしゃみや咳、つばです。接触感染は、スイッチやドアノブ、つり革など、感染者が触るものに触れて、手や口、鼻の部分から感染する場合になります。

こうした感染を「二次感染」といいますが、二次感染を防ぐには、正しい手洗い方法を実践することが大切です。また、免疫力を高めるよう、食事や睡眠などもたっぷりと取り、健康管理を心がけましょう。

また、予防接種を受ければ、インフルエンザの発症と発症したときの重症化を防ぐことができます。他に有効な方法は、人混みへの外出を控え、冬場の部屋の湿度も50%程度に保ち、のどの粘膜の防御機能を高めておくことでしょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの感染予防にマスクは必須!

インフルエンザの感染経路には2つあり、そのうち接触感染は、感染者が咳やくしゃみを手で押さえたときに、その手でいろいろな物に触れることで、別の人に感染するものです。例えば、満員電車のつり革、ドアノブ、スイッチなど誰もが触る部分です。

インフルエンザにかかっていなくても、他の人に病気を移さないために、咳やくしゃみをしたときに、手で押さえるのではなく、マスクを着用してしっかりと咳やくしゃみを抑えるようにしましょう。

マスクは口の部分だけではなく、鼻の部分もしっかりと覆うことで効果が上がります。また、マスクと顔の部分はしっかりと密着できる工夫がされているマスクが一番です。

その他、鼻をかんだときのティッシュはすぐに捨て、手洗いを実践しましょう。くしゃみや咳をするときも他の人から離れたほうがいいでしょう。


まとめ

インフルエンザの予防接種を受けておくことで、発症と発症したときの重症化を防ぐことは可能です。少しでもリスク回避になるのなら、保険のつもりで受けておきましょう。

また、普段の健康な時から、うがいや手洗いの習慣をつけておくと、何かあったときにアタフタせずに済みますので、冬場だけでも徹底しておくと安心です。

さらに、必要以上に溜め込む必要はありませんが、一人に対して1週間分程度のマスクを常備しておくと、万が一の場合にも慌てずにすみます。

インフルエンザに関しては、備えあれば憂いなしが効いてくると思いますよ。(←経験者談w)

スポンサードリンク

 - 健康

  関連記事

インフルエンザ 予防 対策 グッズ
インフルエンザが予防できる食べ物と対策グッズでより効果を上げる!

インフルエンザの予防接種は済ませてあるものの、今シーズンは2回も大きな風邪をひい …

麻疹風疹の予防接種の値段とワクチンの副作用
麻疹風疹の予防接種の値段とワクチンの副作用 大人が危険な年齢は?

今年の7月以降、麻疹(はしか)にかかる人が急増しているということで、厚労省が注意 …

葉酸 妊娠前
葉酸を妊娠前に摂る効果 いつから? 摂取量は?

結婚したらすぐに妊娠するかと思い、仕事もやめて家にいるものの、気づいたら結婚して …

エンテロウイルスD68 症状
エンテロウイルスD68の症状 最悪は麻痺! その治療法は?

昨年の夏にアメリカで感染が拡大したというエンテロウイルスD68が、今ごろになって …

感染性胃腸炎 うつる 期間
感染性胃腸炎の流行状況でノロウイルス予防 うつる期間は注意!

厚労省が「感染性胃腸炎広がる」と注意を呼びかけているとの報道が続いています。 新 …

インフルエンザ 自力で 治す
インフルエンザを早く治す方法 自力で治す食べ物とは?

インフルエンザの予防接種を受けていても、まれに通常の風邪やインフルエンザにかかっ …

加湿空気清浄機 つけっぱなし
加湿空気清浄機を置く場所 つけっぱなしにするもの? お手入れ頻度は?

家庭内でインフルエンザをはじめとしたバクテリアやウイルス、カビやダニ予防をしよう …

遺伝子検査キット
遺伝子検査キットで見るがんのリスク 値段や評判&買ってみた!

30代、40代になり、成人病など健康不安が気になりだしたら、人間ドックを受けるこ …

子供の視力が回復する方法とは?
子供の視力回復法 目が悪いから眼鏡、は×! 幼児から原因対策を

本(マンガ)やテレビゲームに加え、スマホやタブレットを見続ける機会がグンと増えて …

花粉症 目のかゆみ コンタクト
コンタクトの花粉症対策 目のかゆみがある時は? したまま目薬OK?

暖かくなってくると同時に花粉の飛散が始まり、花粉症が呼び起こされてしまいます。コ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA